秘書もやってます

とりあえずドヤ顔で選択肢絞って社長に提示するために日頃やっといた方がいいんじゃない?的なハナシ

秘書ってもっとこう線の細くて、髪の毛がサラサラのキラキラした人がやるもんだと思っていたら(これだけで私のIQが相当低いことが伺える)、ど田舎から湧いて出て来た私が兼務という超展開。

 

今日は特に会食設定するときのコツ!とか、手土産選定のコツ!とかではなくて、日頃片手間で知見を溜めとこー、依頼はいつも突然なんだからさぁ!っていう奮闘記。

 

 

会食について

実際に足を運び、料理・雰囲気・サービスの質を見極め、心から勧められる店を候補の一つには挟みたい。と言う食い意地だけは人一倍。

 

都内には無限に飲食店がある。それこそ星の数ほどだ。そんな中で行ったことのある店など高が知れている。せいぜい大昔に付き合っていた男とあしげく通った安い居酒屋か、一人でふらっと立ち寄る焼き鳥屋ぐらいなものだ。

 

会食向きの店よりも、私は赤提灯が好きなのだ!

 

 

下記に記すのは、突発で土地勘のないエリア(大体がそうなんだけど私の場合)で会食設定依頼が来た場合に備える、いわば避難訓練みたいなもんです。

 

 

クチコミレビューサイト

これらを使って探すときに注意することは、まず星に騙されないことである。

星(総合点数)というのは一つの指標なのだが、注目すべきは口コミにくっついてる星であり、なんならもうレビュー読んだ方がいい。食べログとか。

 

星4つをつけながらレビューはネガティブとかザラ(このパターンは星5と星4の差が雲泥なのだ)、その逆パターンもある。特に中立のレビューは宝の山だ。また有効票になっていないレビューにもきちんと必要な情報が書かれている場合も多い、個室のチャージ料や接客の度合いなど。

 

情報というのは多角的にみて初めてその価値を確認できる。

 

だからレビュー一覧を開いたらまずcommand+Fで「個室」とか「店員」といったワードを拾い、有用そうなものに目を通す。

この作業をするだけで、あたかもその店に行ったことがあるかのように振る舞いながら提案することができる。

 

ただ、レビューも過信してはいけない。

 

ぺこったー

最初の頃は会食設定に使ってみたりもしたけれど、提示する条件があまりにも細かすぎておエライさんとの会食にはちょっと厳しかった。結局最終的に自分で探して、予約の電話も私がかけちゃった方が断然早い。というかPCと携帯両方同時に使えないので、デスクトップ版があれば予約代行は全部ぺこったーを経由したい。

が、軽めでカジュアルな会食なら丸投げしちゃう。あと、金夜・忘年会シーズンの設定とかだと、どこに電話をして、どこに電話してなくて、どこに断られて、どこが個室使えないのかわからなくなって死にそうになるため、併用すると良い。

 

あるいは、役員以外から会食設定相談がきたら、私は間違いなく真っ先にぺこったーのurlを送りつける。

 

己でやれ、と。

 

ちなみにアプリを携帯に入れて通知をONにしていると、毎日激ユルなメッセージが飛んでくる

「月曜ぺこなー、今週も頑張るぺこー!」

超絶和むので、このメッセージのためだけに入れるのもアリ。

 

私はそのメッセージが来るたびに、全身の力が抜ける。

 

ああ、今日もありがとうペこー。

 

散々ぶーぶー言ってますが、プライベートで飲み会やるときなんかはかなり使える。レスと、予約代行はマジでドン引きするレベルの早さ。

もうプライベートまで店の設定したくねえもの。

 

そんなわけで私はいつも執務室の片隅で、デスクトップ版がリリースされますように、と両手を合わせているのです。

紙面

情報を多角的に見る。という点で、できれば推奨したいのが紙面での確認だ。

まず「Dancyu」は押さえておきたい。

都内の飲食店事情を知ったかぶるには最高の情報源。秘書ならば定期購読くらいしておきたいところである。(上司には却下され続けている)

 

紙面のいいところは、情報がスッキリしているところと、何よりもプロが書いていること。

 

超特急でお店を探さなくてはいけない時にはきついけれど、知見を貯めておくと言う点ではこれに勝るものはない。プロはやはり執念が違う。

いちいちcommand+Fをしなくても、ざっと目を通すだけで、その飲食店がどんなものかという必要最低限の情報が一発でわかる。そりゃそうだ、プロの書いた記事だもの。

ただ基本的に褒めちぎっているので、食べログなどと併用するのがいい。

 

特に隠れ家的なお店や、新しくできたお店なんかは信ぴょう性がある。

 

おとなの週末」、「東京カレンダー」あたりは先方の性別年齢役職関係性を鑑みつつ、飲食店候補を探すのに良い。他に「BRUTUS」あたりの巻末もチェックすると◎。

 

プロが書いているコラムを集めたメディアもあるけど、結局紙面が情報の信頼度は高い。

電子系は目が疲れる。

 

ちなみに、食べログの検索で「dancyu」って入れると、それを見て訪問したことがわかるので「なんかこのレビューは信用できそう。」と思ったりする。

 

要するにプロに聞くのがイチバン。

 

贈答品について

ばっくり言うと、会社として社外に対し「おめでとう」「ありがとう」「ごめんなさい」「あけおめことよろ」的な挨拶で発動するスキル。

かなりセンシティブな業務なので丁寧にに対応しないと、とんでもない失礼になる。会社の信用も失墜しかねない、気がする。だから蟻も踏まぬ僧侶のように慎重に進めなくてはならない。私のような大雑把な人間にはほとんど修行のような業務なので、日頃から知見を貯めるために何をどうしたらいいかという話(そんな大層なハナシではないのだが)

 

困ったらippinを見ろ

ぐるなび目利きシリーズと題して、秘書垂涎のギフト一覧が手に入る神メディア。

検索画面に「謝罪」とか入れると気の利いた提案をしてくれるのだ。

このズッシリ感は気持ちの重たさ!とか言ってテリーヌを候補に出してくれるあたり奇妙なセンスを感じる。

ちなみに私はテリーヌ好きじゃない。

 

ひたすら東京ってすごいでしょ?美味しいものたくさんあるでしょ?って言うか地方の手土産も紹介してるよ!ドヤァ!みたいな感じが多少気になりはするものの、いざって時には役に立つ。

 

実際これをみて、丸の内までサブレを買いに走ったこともある。

 

ただ、ここのインスタはなんか微妙なのでフォローはしていない。

写真映えって超大事だね。

 

CAKE.TOKYO

「おいしい、にはストーリがある。」らしく、都内及び近郊(たまに地方)のイケてるスイーツを紹介してくれるメディア。この辺の流行りを追ってれば、まあいざって時になんとかなるかもしれない。ただ、ここで「謝罪」と検索したところで何も出て来ず、逆にごめんなさいって言われるので、目の保養と流行りものを追いかける程度の使い方しかできないっちゃあできない。

 

ちなみにこっちのインスタの方がオシャカワキレイなのでフォローしてる。

 

たまにしか見ないけど。

 

 

とまあ、好き勝手に書いてはみましたが、やはり

実体験に勝るものなし。

だと思います。

 

日頃(自腹で)会食向きの店を開拓し、(自腹で)ちょっといいお菓子を買ってみたり、とにかく情報を仕入れて気になるものがあれば自分の足で出向くのが良い。

 

それから、情報は常に引き出しやすい場所にストックしときましょう。

でないと本当にただの知ったかグルメBBAになってしまうので。

 

ちなみに一時期あまりにもこのリサーチに足を突っ込みすぎて、ロケ弁とケータリングにまで手を出し、食周りに異様に詳しい総務になってしまいましたとさ。

 

いつか私の秘蔵リストどっかに売りつけてやる・・・・。

 

 

ベンチャーで1人総務は毎日スパークするってハナシ

1人総務は機能するか?

ちょっと前に1人総務という記事が日経ビジネスで出ているのを見かけた。

正直この記事が出たことで、私の無能っぷりが白日の下に晒され、社内で糾弾されるんじゃないかとタイトルだけで戦々恐々とした覚えがある。

とはいえ、ヒントになることもあるだろうと思い読んでみたものの、もはや従業員数が100も目前に迫ってくるとそれどころではない。

要するにクラウドを上手く使いましょうというハナシであり、すでにそこらへんの業務をシステム化してしまった弊社ではなかなか難しいのが現実だ。

さらに、わたしが担当している業務というのは突貫工事のような作業が多く、定常業務を極限までスリム化しながら突発業務をこなす知識と経験がモノを言う。

ゆーて、わたしの知識と経験なんて2年ちょっと程度のもので、誰でもできるっちゃあできるんだよな。と、思い至りさらに凹んだ。

 

LEDか白熱球か

玄関に設置してあるロゴサインの電球が切れれば早急に変える。どのメーカーの、どのサイズの豆電球をストックしておくべきか把握し、所定の場所にすぐに補充。

たまにLEDではなく白熱豆電球を選んだ理由を聞かれるが、それにもすぐ対応する。飛んできた球を全力で打ち返すには、白熱豆電球を選んだ理由を知っておくべきなので、弊社の内装デザイン担当してくれたYさんにあらかじめ聞いておく。

だが大概答えはこうである。

 

初期導入費用オサエロって言われたからだよ!( •́ω•̀ )

 

ちなみに私だったらこの頻度で取り替える作業が発生するなら断固としてLEDを推奨したいと思う。当時この仕様に決めたであろう当の本人すら、なんでLEDじゃないの?と聞いてくる始末なのだから。

 

間接部門のお客様とは

総務というのはいわゆる間接部門にあたるのだが、大概こういうカテゴライズをすると、直接部門と死闘を繰り広げているイメージがある。

ある意味それは正しいし、それがうまい具合に改善にいかされる場合も少なからずある。

 

だが、間接部門のお客様とは直接部門ではない。

総務を含めた間接部門のお客様とはあくまで所属する企業であり、とにかく会社が受けるダメージを最小限にする必要がある。

よく言われる、ディフェンダー、だと。

 

年に数回しか利用しない月額料金が発生するサービスが、本当に業務に有用かヒアリングし処刑(削減)するか判断し

社用通信端末が爆増するなか、コストと利便性を鑑みて最適なプランに変更する。

利用する各ツールのライセンス数もコントロールしながら様々なリセラーを呼びつけては、どこまで下げれんの?ねえ?と、ほぼヤクザみたいな交渉を繰り返す。

 

全てはカイシャのため!

カイシャが潰れないようにするため!

 

彼らが世界を変えたい、と願いを込めたミッションを実現するために必要な資材や設備はきちんと整えたい。

なぜなら、間接部門だろうが直接部門だろうが、その社名を背負っている限りは立派なカイシャの資産であり、お客様(企業)の資産(従業員)

ならば丁重に時に厳しく大事にしたい。

 

品質、スピード、コストの順番が大事

従業員の満足度をなるべく落とさずに、経費を削るにはこの順番で見当するといい。

 

①品質 ②スピード ③コスト

 

コストカットを優先すると、穴だらけのサービスを選ぶことになり、更には選んだ自分さえも管理コストに苦しむことになるから。

 

だからと言って天井を見上げればキリがないし、身分相応っちゅーもんがある。要するにバランスなので、そこはもうリサーチしまくるしかない。

一概に、コレがいい!とは言えないし、とにかく合ったものを探し出してニヤニヤしながらにじりより、契約をチラつかせて極限まで担当者さんに頑張ってもらうしかない。

担当さん、本当にごめんなさい、いつもありがとうございます。

 

思いつくまま書いたので後日修正しますが、だいたい毎日こんな感じでスパークしてます。

楽しいですよ。ははっ!

 

総務がカヤックさんの展示会に行ってきたハナシ

 

おっすオラ総務。

 

こんにちは、わたしです。

今日は二ヶ月前に訪れたカヤックさんの展示会のハナシを今さら書きます。

 

 

ちなみに


三十路の総務、しかも転職したいわけでもなく、ただ単に面白そうだからという至極頭の弱いスタートなので
中身のある記事でない

と先に断言しておきます。

関係者の方、カヤックさんのファンの方、あるいはネットサーフの末になぜかたどり着いてしまった人に、わたしは全力で謝罪しなければいけません。

 

おもしろかったです!

 

くらいしか言ってないので。


カヤックのしごと展|面白法人カヤック

 

二ヶ月経った今も心に残ってる三次元原稿


1番興味深いブースでした。
Macが2台置いてあり、右に説明文、左にプロダクト。
三次元原稿という、書いた文字がタテヨコナナメ自由自在に伸びていく原稿がありまして。
横に立って説明してくれた男の子がいまして。

ガチの男の子がいまして。

小学生だそうで。

 

え!?

わりと修羅場慣れしている弱小ベンチャーの総務もびっくりの小学生対応!しかも超しっかりしてる、、、。

 

  • ブログで小説を書いてる
  • 小学校四年生だよ
  • カヤックの人事に1日インターンにならないか?って言われたんだ!

 

この問答を三次元原稿で交わしました。


すでに小学生まで裾野を広げているのかよ(愕然)

 

後日彼のブログに私のことが書かれており、それを社内の人に見つかってなぜか爆笑されたという。

 

会社説明会も参加した

一社だけの合同説明会というキャッチーすぎるネーミング。

大多数が新卒(…とにかく若者)という、三十路には地獄絵図のような会場でしたが、異様に強靭なハートを丁度持ち合わせていたので、しれっとスン顔で参加してきました。

 

プランナーブースではババアの恥をかなぐり捨て、新卒をかき分け最前列へ(すみません、目玉の調子が悪いのにメガネ持ってくるの忘れたんです。)

 

ここでは日頃己のSNSで代理店の策略に乗せられ、シェアしまくってしまったコンテンツの仕組みについてみっちり1時間。

 

おもしろかったです!(語彙力…)

 

ハイ、次!

作ってみたラボ、みてきた。

ウェラブル後光、欲しい。

あれ背負って仕事したい。


ウェアラブル後光 | 面白法人カヤックのつくってみたラボ
↑さらに改良され、後光はさらにカラフルになり異様な蛍光色を放つ。
また軽量化にも成功し、収納時の動きもよりスムーズに。

 

ちょっと!これ押印ぬけてますよ!(ビカビカ)

 

って言いたい。

 

ブレストブースにしれっと参加

 ブレスト体験ブースにて七割新卒という中で私がガツンと平均年齢を爆上げしていたのは間違い無いのですが、三十路の私はまたしてもスン顔で参加してきました。

 

ブレストカード(カヤックオリジナル製)を使いブレスト開始。

 

おもしろかった!(頭の悪い三十路である)

 

以下面白かったハナシをまとめよう。でないと、世の三十路イメージが失墜しそうだ。

 
うまくいかないブレスト

[証人喚問型ブレスト]

  • 途中で話の腰を折りまくる
  • 発展させず、発言に至った経緯にばかり注目するパターン

 

[居酒屋型ブレスト]

  • とにかく楽しい
  • 笑いすぎて面白かったけど議事録見ると中身が空っぽ
  • 発展性がなく堂々巡り

 

感想

あるよねー、あるある。

 

ブレストを行う際の注意点

  • 結論は出さない
  • とにかく思いついたことは全部いう
  • 発散する、収束はしない
  • 参加者は発言者に対して拾って展開する
  • パクる乗っかる大歓迎

 

感想

なるほどんべえ。

 

あたりまえポエムの人に会う

ちまたで流行ってるアレです。

君のまえで息を止めると苦しくて、瞼を閉じると君が見えないというアレ。

大好きなのよね。

社内にもファンがいるので、話の種に遠巻きから見るつもりが、なぜか書籍購入、サインと謎かけ、握手までしていただくという謎展開。

神対応かよ!

 

総務視点の展示会

ロゴとかパネルの数を数えてました。

年数の入ってるやつ、ないやつ。

配布資料の紙質。

ロゴ入りストラップの太さとパーツのクォリティ。

段ボール椅子の使い方。

会場の使い方。

コストコトロールすげえ徹底してて超好感。

コストかけるとこはかける、カットするところはきちっと削って、再利用もおそらく鑑みてるだろう備品たち。

あーー、、、好き。気持ちいい。

 

 

偉そう総括

圧倒的に新卒?が多い状況だったので、各ブースでの内容もかなり噛み砕いてわかりやすく、かいつまんで説明するといった感じでした。

質疑応答のときにもっと掘り下げるかな?と思いましたが、さすがにそこまではいかず。(ただ掘り下げすぎても良くないとは思う。)

 

とはいえ、新卒の方々は目がキラキラしており、三十路はとっとと腐海の森におかえり、状態だったのです。

 

また、カヤックの皆さんが本当に心から楽しんでお仕事されてる様子は、ただただうらやましかったです。自分自身でいる事を楽しむ、というのは自分で思うよりも大変なことなのですから。(あと、あんな奇怪な会社はなかなか無いと思う。)

 

日も暮れる頃、満足した総務は発泡麦茶が恋しくなり、あたりまえポエムを抱え1人恵比寿の赤提灯でビールをひっかけ帰路についたのです。(開催地恵比寿なんだもん、しょうがないじゃん)

 

風の谷的総務日報

まえがき

こんにちは、わたしです。

日々総務として70〜80人くらいのメンバーをサポートをしながら、気まぐれに社内でアホすぎる日報を書いています。(もはや気まぐれな時点で日報ではないのですが)

 

その一部を本日ご紹介します。

 

あと、風の谷的な話なので元ネタ未見の方は面白くもなんともないと思います。

 

 

まあきれい(備品発注)

「あっ!経費精算の抜け殻!」
「まだあたらしい、、、。」


カタカタカタカタターン


「うふふ、キーボードが欠けちゃった。」
「きれい、事前申請しないと月末に(わたしが)死んでしまう死のシステムなのに。」


帳尻合わせ使い(秘書業務)

Googleカレンダーさま!」
「よい帳尻合わせ使いになったな。」
「いいえ、社長はまだまだだって。ふふ。」
「ああ、こいつの事を忘れておった。」


「まあ!新しい出張手配!」


「手は出さないほうがいい、バッファのある予定とは言え、凶暴だ。」

 

ガブーーーー

 

「・・・ほら、こわくない。」

 

Googleカレンダーさま!この子私に下さいな!」
「不思議な力だ。」

※社長秘書もやってます

 

総務は片付けるよう定められたお方(納品管理)


「無駄じゃよ、総務は片付けるよう定められたお方じゃ。」

「片付けるって何を?」

「おや、知らなかったのかい?」
「あの棚にやまほど空き箱があるじゃろう、、、」

 

"その箱、早急に片付け"
"畳んでダンボール置き場に降り立つべし"
"失われし収納スペースの確保をし"
"ついに人々を従業員数爆増に耐えうるオフィスへ導かん"

 

「古い言い伝えだとばかり思ってましたわ!」

 

受話器を置きなされ(イベント準備)


「もうおしまいじゃー、御用達だったケータリング業者に日程が合わず断られたー!」
「わしら死ぬんじゃー!」
「業者リストを見なさい!」
「姫様おたっしゃでー!」

 

ガチャッ

 

「はっ!姫様受話器をー!」
「受話器を置きなされー!」
「定時はとっくに過ぎとりますぞー!」

 

「私の話を聞いて!業者リストを見なさい!まだ三軒茶屋の店があるでしょう!」

 

「電話じゃー!電話じゃー!」

 

 

なんじゃこの契約は!(入社者準備)


「なんてひどい事を!」
「新しい契約を餌に通信端末営業を土砂降りの中、呼び寄せているんだわ!」

「せっかく削った月額コストをプラマイゼロむしろマーイな契約なんぞ、撃ち落としてやるー!」


「撃っちゃだめええーーー!」

 

「あれを打ち落としたら、増え続ける新入社者に耐えられないわ!」
「ならばどうしろというんじゃー!」

 

 

「私を契約書の前で降ろしなさい。」

 

「押印します(上司が)」

 

ランランラララーン


ランランララランランラー
ランランラララーン
ランランランララランランラーン
定時を過ぎたからー

 

という、各方面から怒られても文句の言えない日報なのです。


いつも自由に書かせてくれるいい会社です、感謝しかありません。

私はかまぼこ賞のオンナ

おみその壁

去年末頃に無事20代を卒業する羽目になり、否が応にも振り返ざるをえなかった30年の黒歴史ですが、思えば私って生まれた時から自意識が異常に過剰だった気がします。

未だに世界を変えられると本気で思いながら、夜な夜なスカイリムをプレイし続け、ついに5年目突入。

とはいえ今現在、この世界において箸にも棒にも引っかかっていないという事実。

強いて言うなら、昔応募したかまぼこ板絵コンクールで受賞した「かまぼこ賞」くらいでしょうか。

 

かまぼこ賞のオンナ

果たしてこのままでいいのか?いいかもしれない。

ぶっちゃけ、いいかもしれない。かまぼこ賞のオンナだろうが、練り物の女王だろうが。

仕事、たのしいです。(今ちょっとキツイけど)

同僚、最高です。

職場、居心地いいです。

私生活、スカイリム。

 

ただ、自分がこの世に残した爪痕が、たったひとっつ・・・

 

かまぼこ・・・。(白目)

 

なんかこう、もっといいオンナになりたい

20代の頃の私と言えば、自意識過剰の絶頂期にいたもんだから負ける戦には絶対参加しませんでした。(それはそれでどうなんだ)

中二病をもっとこじらせて、炭火で炙ったようなやつです。

その自意識過剰さをひきずったまま30代を生きるのも、なんだか痛々しさが純増してしまっているので、かまぼこ賞を超えるなにかクリエイティブ感溢れる爪痕を世間に残してやろう、という思いでいるのです。

 

そんなわけで

おみそにして七転八倒しながら、恥もクソもかなぐり捨てておもしろく頑張る総務の話をここで垂れ流していく、という壮大なブログです。

会社のひと及び知人友人がこのブログを見つけたなら、お願いがあります。

どうぞ生ぬるい目で見守ってください。たまに叱責していただいても構いません。(どこまでも自意識過剰なのである)