ようこそ、三十路の沼へ

 

先日友人が30歳の誕生日を迎えた。

もうすぐ31になる身としては、ただただ両手を広げ、薄ら笑いを浮かべ、よく来たなあ、と言いたい。

 

彼女は前職の同僚で、よくランチに行ったし、飲みにも行った。だが話す内容は大概決まっている。

 

脱毛、整形。

 

たまに真面目な話をしたような気もするが、人の記憶というものは曖昧で儚い。実際それ以外のことはあんまり覚えてない。

彼女が起点となり、職場に全身脱毛というパワーワードが走り、ネズミ講のようにバズったのは記憶に新しい。

 

出会ってから順当に月日を重ね、私の後を追って彼女は三十路になった。

絶叫にも近い賛辞をフェイスブック経由で彼女に送り、私はニタニタ笑っていた。我ながら気持ち悪いとは思うが、単純に仲間が増えて嬉しかったのだ。

そして声高にザマアミロとラインしてやった。

 

だって楽しいもの

 かつて私も29歳最後の日は切羽詰まったような気持ちでいた。彼女もそうだったのかは分からないが、とにかく、30になるということは何かしら大きな意味があるのではと思っていたのだ。

 

だが、なってみればなんてことはない。たった30年生き抜いただけなのだ。

純粋に男女問わず祝福し、そして賞賛すべき日だと思う。

 

先述の通り、私は一足先にジャスト30に突入し、30代ロードを闊歩している。

それも20代で身につけた知恵や知識や自身を携えているので、一層タチが悪い。そして、それこそがこれから続く人生の面白さなのだろうとも思う。

だから私は今が一番楽しいと言い切れる。

 

三十路クライシスなんてまっぴらごめんだ、誇れ!前を向け!そして人生を楽しむがいい!

 

 

 そしてバカみたいにいつまでも笑ってたい

彼女の誕生日の3日後、彼女と他何人かで恵比寿のKintanで焼肉をつついた。

 

だが、話すことは決まっている。

首から下の毛抹殺計画について、だ。

 

私たちは、あんなオシャレな恵比寿の店で、手を叩き大笑いしながら、毛の話しをする。

それぞれが仕事に悩み、苦しみながらも、いつだってオンナを悩ませるのはなのだ。

 

なんと愉快なことだろうか。

私は涙目になりながら、彼女たちの笑い声を聞いた。

 

三十路の没落がまことしやかにささやかれ、呪いのように20代の女心を蝕む呪縛も、キャリアの壁も、私たちにとっては瑣末な出来事に過ぎない。

 

彼女がもたらすのは、光であり、闇でもある。

 

苦しみもがきながら、それを笑い飛ばす知恵を持って迎えた30代を、彼女が心の底から楽しめる日々である事を願わずにはいられない。

 

はやく全身脱毛が完了し、肌比べ対決をしたいものである。

 

 

 

転職先の社長がビットコインに夢中

社長、ビットコインはじめたってよ

まず、ビットコインといえば、仮想通貨であると同時に、マウントゴックス社の破綻が思いつく。

故に、facebookのニュースフィードに社長が意気揚々と「取引がんばる!」みたいな投稿を見かけたときは、マルク・カルプレス氏の顔がよぎってしまった。

 

いいや、大丈夫。

破綻したとしても会社の金に手をつけるようなタマじゃない。

個人が破綻するだけだ。

 

何度も自分に言い聞かせ、そっとブラウザを閉じた。

それでも脳裏に残ってしまった黄金のヘビの画像。

 

風水ェ・・・。

 

f:id:Droppin:20171031195956p:plain

 

翌日ヘビの皮を持ったメンバーが出社した

なんの前触れもなく、会社にヘビの抜け殻を持ってきた女が弊社には在籍している。

 

昨晩投稿されていた社長の記事を見て、この奇怪な行動に出たことは間違いない。

彼女はペットのヘビが脱皮の際に脱ぎ捨てた皮を、抜かりなく計測し、ブルガリの紙袋に入れ、朝一番満足げな笑みを浮かべて社長に差し出していた。

 

金運が上がるように、と。

 

ヤツ社長は生娘のようにキャアキャア言いながら指先でつまみ上げ、それからまたキャアキャア騒いでいた。手足のない生き物は愛せない、と言いながら。

 f:id:Droppin:20171031185459j:image

 

ちなみにその日はスカイプを使った本社との共有会もあったが、その間もずっとブルガリの紙袋はテーブルの真ん中に置かれていた。

 

 

余談だが、彼女は最近新たに飼い始めたイグアナに心を奪われがちだと言う。

なぜ?と問えば、迷わずこう言い放った。

 

「値段の差。」

 

そんな彼女のまっすぐな瞳には、噓偽りなど、微塵も感じられない。

 

私はそこに経済の縮図を見た。

 

 

ヘビ皮のご利益

さて、皮を受け取った本人は「爬虫類まじ無理!」と、ヒイヒイ言いながらも、大事に抱えて来客に見せびらかしていた。

 

正直、アノ野郎社長意味わかんねえな、と思ったりもしたが、無邪気にぴょんぴょん飛び跳ねる姿には幼少期の面影を残しており、不安を通り越して切なさを感じさせる。

 

アレを貰って、一番喜んでいたのは社長なのかもしれない。

 

だが、ビットコインのチャートはその日を境に暴落する。

 

 

f:id:Droppin:20171031185610p:image

 (2017/10/17)

 

 

後日

どういう経緯かはわからないが、この件は社長のお母様の耳に届いていた。

聞くところによると

 

きよのりには、早くそういうのから手を引いて欲しい。

 

と、周りに言っているそうだ。

 

 

激しく同意する。

 

 

これが近頃転職した職場の様子でございます。

現場からは以上です。

 

 

 

総務がカヤックさんの展示会に行ってきたハナシ

 

おっすオラ総務。

 

こんにちは、わたしです。

今日は二ヶ月前に訪れたカヤックさんの展示会のハナシを今さら書きます。

 

 

ちなみに


三十路の総務、しかも転職したいわけでもなく、ただ単に面白そうだからという至極頭の弱いスタートなので
中身のある記事でない

と先に断言しておきます。

関係者の方、カヤックさんのファンの方、あるいはネットサーフの末になぜかたどり着いてしまった人に、わたしは全力で謝罪しなければいけません。

 

おもしろかったです!

 

くらいしか言ってないので。


カヤックのしごと展|面白法人カヤック

 

二ヶ月経った今も心に残ってる三次元原稿


1番興味深いブースでした。
Macが2台置いてあり、右に説明文、左にプロダクト。
三次元原稿という、書いた文字がタテヨコナナメ自由自在に伸びていく原稿がありまして。
横に立って説明してくれた男の子がいまして。

ガチの男の子がいまして。

小学生だそうで。

 

え!?

わりと修羅場慣れしている弱小ベンチャーの総務もびっくりの小学生対応!しかも超しっかりしてる、、、。

 

  • ブログで小説を書いてる
  • 小学校四年生だよ
  • カヤックの人事に1日インターンにならないか?って言われたんだ!

 

この問答を三次元原稿で交わしました。


すでに小学生まで裾野を広げているのかよ(愕然)

 

後日彼のブログに私のことが書かれており、それを社内の人に見つかってなぜか爆笑されたという。

 

会社説明会も参加した

一社だけの合同説明会というキャッチーすぎるネーミング。

大多数が新卒(…とにかく若者)という、三十路には地獄絵図のような会場でしたが、異様に強靭なハートを丁度持ち合わせていたので、しれっとスン顔で参加してきました。

 

プランナーブースではババアの恥をかなぐり捨て、新卒をかき分け最前列へ(すみません、目玉の調子が悪いのにメガネ持ってくるの忘れたんです。)

 

ここでは日頃己のSNSで代理店の策略に乗せられ、シェアしまくってしまったコンテンツの仕組みについてみっちり1時間。

 

おもしろかったです!(語彙力…)

 

ハイ、次!

作ってみたラボ、みてきた。

ウェラブル後光、欲しい。

あれ背負って仕事したい。


ウェアラブル後光 | 面白法人カヤックのつくってみたラボ
↑さらに改良され、後光はさらにカラフルになり異様な蛍光色を放つ。
また軽量化にも成功し、収納時の動きもよりスムーズに。

 

ちょっと!これ押印ぬけてますよ!(ビカビカ)

 

って言いたい。

 

ブレストブースにしれっと参加

 ブレスト体験ブースにて七割新卒という中で私がガツンと平均年齢を爆上げしていたのは間違い無いのですが、三十路の私はまたしてもスン顔で参加してきました。

 

ブレストカード(カヤックオリジナル製)を使いブレスト開始。

 

おもしろかった!(頭の悪い三十路である)

 

以下面白かったハナシをまとめよう。でないと、世の三十路イメージが失墜しそうだ。

 
うまくいかないブレスト

[証人喚問型ブレスト]

  • 途中で話の腰を折りまくる
  • 発展させず、発言に至った経緯にばかり注目するパターン

 

[居酒屋型ブレスト]

  • とにかく楽しい
  • 笑いすぎて面白かったけど議事録見ると中身が空っぽ
  • 発展性がなく堂々巡り

 

感想

あるよねー、あるある。

 

ブレストを行う際の注意点

  • 結論は出さない
  • とにかく思いついたことは全部いう
  • 発散する、収束はしない
  • 参加者は発言者に対して拾って展開する
  • パクる乗っかる大歓迎

 

感想

なるほどんべえ。

 

あたりまえポエムの人に会う

ちまたで流行ってるアレです。

君のまえで息を止めると苦しくて、瞼を閉じると君が見えないというアレ。

大好きなのよね。

社内にもファンがいるので、話の種に遠巻きから見るつもりが、なぜか書籍購入、サインと謎かけ、握手までしていただくという謎展開。

神対応かよ!

 

総務視点の展示会

ロゴとかパネルの数を数えてました。

年数の入ってるやつ、ないやつ。

配布資料の紙質。

ロゴ入りストラップの太さとパーツのクォリティ。

段ボール椅子の使い方。

会場の使い方。

コストコトロールすげえ徹底してて超好感。

コストかけるとこはかける、カットするところはきちっと削って、再利用もおそらく鑑みてるだろう備品たち。

あーー、、、好き。気持ちいい。

 

 

偉そう総括

圧倒的に新卒?が多い状況だったので、各ブースでの内容もかなり噛み砕いてわかりやすく、かいつまんで説明するといった感じでした。

質疑応答のときにもっと掘り下げるかな?と思いましたが、さすがにそこまではいかず。(ただ掘り下げすぎても良くないとは思う。)

 

とはいえ、新卒の方々は目がキラキラしており、三十路はとっとと腐海の森におかえり、状態だったのです。

 

また、カヤックの皆さんが本当に心から楽しんでお仕事されてる様子は、ただただうらやましかったです。自分自身でいる事を楽しむ、というのは自分で思うよりも大変なことなのですから。(あと、あんな奇怪な会社はなかなか無いと思う。)

 

日も暮れる頃、満足した総務は発泡麦茶が恋しくなり、あたりまえポエムを抱え1人恵比寿の赤提灯でビールをひっかけ帰路についたのです。(開催地恵比寿なんだもん、しょうがないじゃん)